バッテリーは、あまりにも高価というお声にお応えして。

ユーザー様からは、高性能・高品質のバッテリーをもっと安く交換したいという声をよく聞きます。千原商工では数多い仕入れルートから調達し、自社の工場でアッセンブリすることで、大幅なコストダウンを実現し、お客様にご提供しております。フォークリフトバッテリーはディーラーが指定するもの以外の他のメーカーのものでも搭載可能です。

多くの企業様が大幅なバッテリーコストの削減を実現しています。

私どもがおすすめするバッテリーは、世界150の国々から高い評価をいただいているグローバルバッテリーです。 トヨタ・ニチユ・住友・コマツ・日産・TCMなどの国内全フォークリフトディーラー搭載実績があります。

バッテリーの寿命は使用環境によって違います。

フォークリフトのバッテリー寿命は、メーカーが公表しているデータによると、充電と放電を1サイクルとして約1200サイクルで寿命がくるそうです。 つまり、週5日フォークリフトを使いその度に充電するとしたら、約4年~6年で寿命がくることになります。 しかしながらこの数値は、あくまで一定環境での平均値です。 企業によっては、充電を繰り返しながら1日中稼働させハード使用するところもあり、さらには冷蔵倉庫など温度の低いところで稼働させる企業様もあります。 また週に一度の荷物の上げ下げぐらいにしか使用しない場合もあり、使わなさ過ぎでもバッテリーの寿命は短くなります。 つまりは、使用環境によってバッテリーの寿命は違うということです。

バッテリーには個体差があります。

フォークリフトのバッテリーはセルコネクターで数十本連結されていますが、使用していくにつれ1本1本の劣化の速度は違ってきます。何故ならば新品バッテリーといえども微妙に個体差があるからです。バッテリーがパワーダウンした場合、連結されたすべてのバッテリーが均等にパワーが落ちているのではないということです。実際は連結されたすべてのバッテリーのうち1~2本のバッテリーに支障が出ており、他のバッテリーは正常であることがよくあります。

バッテリーは修理できるのです。

バッテリー全体の総電圧が落ちて充電しても回復せず、フォークリフトにパワーが伝わらないようになったからといってバッテリーは死にかかっているのではないのです。そんな場合よくあるケースは、1~2本のバッテリー単セルが極端に弱ってしまっていてバッテリー全体に影響を与えてしまっていてパワーダウンしてしまっているのです。そんな時、弱ってしまっている単セルバッテリーのみを交換することで回復することがあります。

バッテリーの適切な交換時期を知れば、経費は大幅に削減できます。

バッテリーの交換時期は、バッテリーテストを行い、そのデータを読み解き、バッテリー庫内の電極板の状態を知ることです。

以上のテストと計測を行い、的確なバッテリーデータの解析をすれば、現在のバッテリーのレベルとおおまかな寿命を知ることができます。 さらに悪くなってきている箇所も明確になってきますので、早め早めの補修修理を行うことができます。それによって全体のバッテリーにかかってきている負担を軽減し、寿命を延ばし、新品バッテリー交換までの寿命を延ばし経費削減が可能になってきます。

レベルダウンしたバッテリーを再生できる技術とノウハウ。

バッテリーテストによるデータを読み解くことによって生き返るバッテリーとそうでないバッテリーがあります。 生き返るといっても新品同様になるわけではありません。 現状よりもレベルアップできるということです。 つまり使用環境によっては、十分満足した機能を発揮でき、コストダウンになるということです。

中古再生バッテリーをランク分けして、ご提供しております。

中古再生バッテリーは、もともとの劣化度合いとメンテナンス効果によって、それぞれに稼働時間が違います。千原商工では出力の大きさ、稼働時間、放電率の数値を日本工業規格(JIS規格)と日本電池工業会の基準をもとに選別し、ランク分けしています。だから中古再生といえども納得していただける品質、能力に見合った価格設定を実現できるのです。

フォークリフトを安全に経費削減するには、どういう手法があるのか?

フォークリフトは労働安全衛生法の規定により、月に一度の定期自主検査と年に一度の特定自主検査の受検が義務づけられています。特定自主検査はディーラーでなくても「フォークリフト検査業検査者」の資格を持った当社のような会社で実施することができます。 もちろん当社の費用はディーラーに比べて安価で、しかもスピーディーで丁寧です。

ディーラーでは基本的にバッテリーの修理は行いません。 バッテリーに不具合が生じれば、経年劣化と使用頻度による寿命ということで、新品交換を勧められることでしょう。 つまりフォークリフトのバッテリーは消耗品であり、修理して使うことができないと思っている人が多いのです。 本当は、バッテリーは修理できるのです。 当社では、バッテリーをあらゆる数値計測を行うことによって、劣化や損傷個所を見つけ出し、安価で修理し、現状よりもレベルアップさせ寿命を延ばすことができます。

新品バッテリーの交換は高額な買い物になります。その資金繰りにお悩みの方は多いのです。 当社では、世界が認めた高品質・高性能のバッテリーをご提供いたします。もちろん新品バッテリーに組み換えするなら技術力も最安値も自信があります。